読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coooooooのブログ

私、アフィリエイト?やってません。戦争反対をみんなにわかってほしくて書いています。私は主に新聞、テレビ、ネットで情報収集しています。ネットや週刊紙では嘘臭い記事も多く自分で判断して真実なのか考えています。間違った情報を信じてしまい間違った意見を書ちゃう事もありますので予めお詫びしておきます。

国によるマインドコントロール?ニュースが嘘臭い

疑惑

私は安保法案には大反対です。人を殺す兵器は金が儲かるそうです。防衛省財務省はこんなことをメディアを通じて発信していますね。紛争が終わる事はないのでしょうか?

これからも大勢の人達が産まれた場所が悪かっただけで殺され続くのか。なんの罪もなく。将来日本が攻めの対象になったら…、

官僚や政府関係者は敵国に捕まり、拷問されて殺される寸前に「武器は儲かるからしょうがない」と言うのでしょうか?

日本を攻撃している国が「武器は儲かる」といい面白おかしく日本のメディアの様に報道していたら笑えるのだろうか?

この法案を決めた奴らや賛成派の人は自信があるのだろう。

自分には関係ないと…

実際に今でも沢山の人が戦時中に生きた人達と同じ思い、若しくは自分の身に爆弾まかれ逃げられない恐怖で亡くなっています。

日本は死刑制度があります。殺人罪や殺人幇助罪もあります。この法案は国が罪にならないのか? 殺人幇助でないの?

「武器は儲かる」

鬼畜が言う事にしか思えない…。

今メディアでは北朝鮮の映像を毎日流しまくっています。あんなに日本のカメラマンが平気で入れる敵国有るのか?北朝鮮は5年前東日本大震災の時に、日本に2000万円寄付してくれたそうです。 北朝鮮の二千万は日本円で言う20兆くらいになるのでは???なんせ、中流家庭でも年収収2、3万でしょ?実際の事はわからないので大袈裟かも知れないけど。

メディアが騒ぐほど、本当に危険なのか?

中国も北朝鮮イスラムも、ロシアも、

私達はメディアを信じて嫌いました。しかし、色々な事を勉強して、真実が私達へ伝わらない、全く北朝鮮…と同じなのだ知りました。 国にマインドコントロールされたのでは?と最近考えてしまいます。

2009年安部総理は初めて総理になる時に、すでに憲法九条改革を掲げてました。

当時の石破防衛相はもっと前から憲法九条は日本に必要ないといってました。

もっとさかのぼれば、中曽根や歴代自民党総理によって、自衛隊の活動を広げてきてます。今では日本の支配下に他国が入ってきたら自衛隊は威嚇射撃できるし、先に攻撃されたら相手に攻撃出来るなど攻撃できます。これには納得です。正当防衛ですから。相手が悪いと思います。既に憲法九条は少し変えられています。

思い返すと、着々と

戦争する国にするための報道をしてきたのかも知れません。

安部総理は、今さら北方領土の解決に向け、ロシアに訪問するといってます。

去年の日テレニュースで、ソ連に対する安部総理の行動に切れたロシア政府が、北方領土を国民に無償貸与すると報道されたそうです。日本政府(官僚含む)の対応が問題視されているとか。

既に国ではなく、個人の土地になってるそうです。ネットの記事なのでほんとかどうかはわからないけど?

北朝鮮は、
戦争前の資本主義ではなかった日本によく似ています。北朝鮮の方がましかも?日本も小さな国なのに戦争を何度もしました。

日本は70年前に戦争の標的になりました。

現在はイラクやイラン、シリアです。

武器で儲けている国は次の標的を探しているのかもしれません。

パナマ文書

プーチン(ロシア)と習近平(中国)を一番の悪者としてニュースで流れてます。

第三次世界対戦

現実にならないといいのですが。

日本は憲法九条を守り、ロシアや中国とも仲良くしなければ危険だと思う。

中国の凄まじい経済発展で資本主義の元で多くの投資家が莫大の富を得ました。

今では政府の政策の失敗で、日本の不動産や企業が中国に買われまくっています。東芝も白物家電部門では中国の会社に助けてもらいました。

東芝って財閥ですよね?

日本の市場がこんなに買われちゃってるの誰のせい?

中国のバブルは弾けました。

これから先は中国の株式市場も下がるばかりだそうです。

そこへ来てパナマ文書

あまりにもタイミングよすぎですね?

確かに私達がメディアによって知ってる事は、ソ連も中国も悪いです。

しかし、戦争や略奪してる国は他にもある気がする。

私達の知っている情報は本当に正しいのでしょうか?

今の日本にすんでると、何もかも情報が嘘のような気がしてしまいます。

戦争が今後起きないことを私は願います。

実際に同盟国でも同じ願いを持ってる人の方が多いのですよ。

今、世界中で、戦争をしている政府が、国民から批判されています。